40GbE L3 スイッチ Arista DCS-7050QX-32 を利用するために

Arista DCS-7050QX-32 を入手し、実際に稼働させるためには様々なポイントを考慮する必要があります。 背面吸気モデル  か 前面吸気モデル を考慮して選択する Arista EOS を格納する Flashストレージの容量 ダイレクトアタッチケーブル(DAC) の入手 QSFP+トランシーバーモジュールの入手 販売終了の影響 1. 吸気モデルの選択 オークションなどで入手する場合、どちらの吸気モデルかがわからないケースがあります。 電源部分のハンドルの色で見分けることができます。 前面吸気モデル・・・赤背面吸気モデル・・・青 ラックの前面に設置する場合は、前面吸気モデル、ラック背面に設置したい場合は背面吸気モデルを選択することになると思います。 2. Arista EOS の Flash ストレージについて 標準的なモデルは 1.6GB の領域が用意されており、FW更新の際に利用することになります。当初の500MBクラスのEOSでは問題ないのですが、EOS 4.22.0 などでは800MBを超えてしまいます。そのため Arista EOS 4.22.0以降へのアップデートの場合、EOS-2GB 用ファイルを利用する必要があります。裏技的な方法として、9Pin USB DOM を新たに手配し、2GB→4GBへ交換するという手もあります。海外ユーザーでも実績があるようなので、チャレンジしてみるのも1つです。USBメモリを利用したFWアップデートでないと、容量がカツカツ過ぎてアップデート作業が非常に面倒なので、交換してもいいかもしれません。 3. ダイレクトアタッチケーブル(DAC) Arista EOS バージョンによって、サードパーティトランシーバーの制限が変化するようです。fs.com から Arista 用の DAC を購入することが最も安全であると思います。Mellanox DACも動作するという情報がありますが、現行バージョンでのサポートが約束されているわけではないのでご注意ください。 4. QSFP+トランシーバーモジュール DAC同様、ベンダーコードが Arista のものを利用してください。fs.com でも手に入りますし ebay […]

家庭向け 40GbE 対応 Storage OS について(2020年3月度)

新たなStorage OS のPJがスタートしたかと思えば、停止したりと年単位でみたときに、気づいたらなんてことがある Storage OS界隈です。まとめておかないと、自分ですら何を利用したらいいかわからなくなります。 加えて、利用する HW RAIDカード や NICデバイス によって対応するものが異なるので、組みたいストレージ構成に合わせてOSも選択する必要があります。 家庭用向けの 40GbE NICである Mellanox ConnectX-3 のサポートが、 FreeBSD 系の OS では10.3 系 からされています。Intel NIC や Mellanox NIC を利用する場合は、FreeBSD だと安心して利用できそうです。mlx4en — Mellanox ConnectX-3 10GbE/40GbE network adapter driver Linux の場合は、ドライバモジュールを読めればといった点にも注意が必要。特に Fusion-io の ioDrive 2 などを利用したいと思ったら、Driver 周りに注意が必要。RHEL 7 までしかサポートしていないので・・・。この辺で頑張ってくれている人がいる。https://github.com/snuf/iomemory-vsl/blob/master/README.md OSS Storage OS まとめ OpenFilerhttps://www.openfiler.com/ 最新版:2.991年以上更新がアナウンスされていないので、死んだと思っていいと思う OpenMediaVault(Debian Linux)https://www.openmediavault.org/ 最新版: […]

家庭向け(仮)40 GbE L3 スイッチを導入する -中編-

前回、海外から気持ちよく出荷されたことで気をよくして書いた「前編」に引き続き、その後を少し書き足そうと思います。奇しくも、NTT東西から低価格な10Gbps のサービスがリリースされたことで、自宅LAN内を 40GbE で足回りの設備を整える先見性を発揮する形となりました。※ 以前はフレッツベーシックを契約していましたが、現在は Nuro Biz の NUROアクセス スタンダードを契約しています。 「フレッツ 光クロス」の提供開始について外部URL: https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20200218_01.html 外部URL: https://www.ntt-west.co.jp/news/2002/200218a.html 搬入された 家庭向け(仮)40 GbE L3 スイッチ 国際輸送のため、しっかり目の段ボールで送られてきており、外傷はありませんでした。 箱の中は緩衝材でしっかりと埋め尽くされていました。また、四隅には硬い段ボールのガイドと、ウレタンが四辺に配置されておりしっかりとした感じでした。 ビニールラッピングが何重にもされており、カッターナイフよりハサミで開ける必要があるほどでした。 ビニールラッピングの中には、さらに0.8㎜程度の緩衝材でくるまれており、機器自体は静電気防止フィルムに覆われていました。 ラックマウント金具を付けたまま送られてヒヤっとしましたが、厳重な保護のおかげか歪み等もありませんでした。 ラックマウント用のレールもしっかりとついてきており、いつでもラッキングできる状態です。 電源テストもかねて、シリアルコンソールを接続して起動し、無事に起動してくれました。動作音は高回転FANらしい高めの音がしますが、一般的な家庭向け L3スイッチ より騒がしい程度に感じます。 DCS-7050QX-32 は、どうやら初期設定だと 24番ポートまでは、10GbE × 4 の設定らしく、40GbEで動作させるには、自分で指定する必要がありそうです。Mellanox なんかもそんな感じだった記憶があります。28番ポートはそのままの設定で利用できそうなので、コンフィグはいじらず、家庭向け(仮) 40GbE NIC とリンクアップテストをしました。QSFP DACケーブルで接続しましたが、特に問題なくリンクアップしました。ベンダーコードでロックされていない点は家庭向け手として非常に好感が持てます。 別途手配した 家庭向け(仮)40 GbE L3スイッチ オプション 1つ12ドルくらいで手に入る QSFP-SR4 も合わせて手配しており、認識することを確認しました。 以上、家庭向け(仮)40 GbE L3 スイッチの動作テスト報告になります。後編では、ラッキングをした様子などを紹介したいと思います。

家庭向け(仮)40 GbE L3 スイッチを導入する -前編-

「業務用」と「家庭用」 業務用(ぎょうむよう)とは、法人(企業や学校、官公庁)など、一般家庭以外の用途を前提として開発された製品のこと。  これに対し、一般家庭用向けの製品は、『家庭用』や『民生用』(みんせいよう)と呼ばれる。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%AD%E5%8B%99%E7%94%A8 通常、L3スイッチなんて代物は、家庭でのご利用を想定されるわけもなく、「業務用」にカテゴライズされておりデーターセンターでの利用が一般的です。もちろん、今回導入をする機器も例外なく「10/40GbE データセンター・スイッチ 」としてリリースされています。 外部URL: 7050QX シリーズ 10/40GbE データセンター・スイッチ 多くの自宅にラックを持つ方々同様、私の場合も(自宅)データセンター・スイッチということなので、「家庭向け(仮)」といっても齟齬がないように思います。 今回の搬入品概要 メーカー:ARISTAモデル:DCS-7050QX-32スイッチング容量:2.56Tbps パケット処理性能:1440Mpps QSFP+ (40G/10Gx4) :32ポートOpen Flow対応:〇VXLAN対応:〇消費電力(通常時/最大): 162W/332W特長: 大規模L2/L3テーブル(288K MAC/144K IPv4) 輸送個数:1箱実重量:23ポンド(10.5㎏)大きさ:21in x 21in x 7in (約53㎝ x 53㎝ x 18㎝)容積重量 : 18.60ポンド(8.5㎏) 今回の搬入品諸経費 今回、海外からの輸送品ということもあり、1Uのネットワーク機器を輸送した場合どの程度の費用になるかが気になります。輸送時用の保険などを加えて、以下の内容となりました。発送元:アメリカ配送先:日本 保険料:   800円国際送料: 9,044円配送手数料:1,280円合計:   11,124円※ このほか、関税などが後日発生します。 家庭向け(仮) 40 GbE の導入に向けた輸送にかかる諸費用がわかることで、多くのHome Lab(自宅ラック)を持つ方々に有益な情報となれば幸いです。