Microsoft Enterprise Mobility + Security ライセンスについて -Azure AD P1編②-

Azure Active Directory P1 Microsoft Enterprise Mobility + Security ライセンスについて -Azure AD P1編①- ですべての機能を紹介できなかったので、2回に分けました。1つのサービスプランでこれだけの機能があると、説明も大変ですが頑張ってみたいと思います。(まるで、Windows Server のよう) Azure Active Directory シングル サインオン(SSO) Azure AD管理者が、組織として利用許可をしたアプリケーションとシングルサインオン連携することができます。実は、Freeプランでも10 個のアプリまでは利用できます。セルフ サービス アプリケーションと言われる、ユーザーによる展開を実施する場合、Azure Active Directory P1ライセンスが必要となります。 ユーザーは、Azure AD へログインすると、MyApps アクセス パネルに連携するSaaSへのリンクからアクセスすることができます。 Enterprise State Roaming Azure AD Join / Hybrid Azure AD Join を行った Windows 10 環境において、ユーザーの環境設定を複数の端末間で同期することができます。同期される項目は以下の通りです。 テーマ: デスクトップ テーマやタスク バーの設定など Internet Explorer の設定: […]