Intune による 基幹業務アプリの配信(MSIパッケージ編)

Intune を使うことで、Windows クライアントに対し、アプリケーションの配信を行うことができます。今回は、その中でも最も利用しやすい MSI パッケージの配信方法を紹介します。 Microsoft Software Installation(MSI)パッケージファイル MSIパッケージは、Windowsアプリケーションのインストール用のイメージファイル形式とされており、実行ファイル以外にも、レジストリ設定、インストールスクリプトなどの情報が含まれています。 MSI パッケージファイルの作成方法 MSIパッケージが提供されているアプリケーションの場合は、簡単に展開が行えます。しかし、それ以外の場合(例えば、EXE形式やZIPファイルで提供されている場合)は、Flexera 社の InstallShield  や、AdminStudio などでパッケージを作成する必要があります。※ InstallShield がどうしても高い・・・という場合は、WiX Toolset などをご検討ください。 このほか、再パッケージ という方法で対応することもあります。 外部URL:https://wixtoolset.org/ 1. Microsoft Endpoint Manager admin center を開き、「アプリ」を選択します。 2. 「プラットフォーム別」カテゴリから、「Windows」 を選択します。 3. 「Windows アプリ」メニューから、「追加」を選択します。 4. 「アプリケーションの種類の選択」画面から、「その他」の「基幹業務アプリ」を選択します。 ※ 海外では、Line Of Business (LOB)などと言われるケースもあります。 5. 「アプリを追加する」ウィザードの「アプリ情報」にある「アプリ パッケージ ファイルの選択」を選択します。 6. 「アプリ パッケージ ファイルの選択」のフォルダアイコンを選択し、「MSIファイル」をアップロードします。 7. アップロードした「MSIファイル」の情報が表示を確認し、「OK」を選択します。 8. アップロードした「MSIファイル」の情報が「アプリ情報」に展開されます。 […]