Intune による リモート PowerShell スクリプトの実行

Microsoft Endpoint Configuration Manager(かつてのSCCM) の 1802 で利用できるようになった PowerShell スクリプトの実行機能は、Intune にも搭載されています。Intuneにおいて、割り当て時の初回1回、またはスクリプトの変更があった場合のみの実行のため、複数回実行やスケジュール実行機能はない点に注意ください。また、現時点(2020/02/27)における本機能は、Windows 10 デバイスでのみ利用できます。 Azure AD Register の場合は動作しません。Azure AD Joinである必要があります。 1. Microsoft Endpoint Manager admin center を開き、「デバイス」を確認します。 2. 「ポリシー」カテゴリから、「PowerShell スクリプト」 を選択します。 3. 「PowerShell スクリプト」画面から、「追加」 を選択します。 4. 「PowerShell スクリプトの追加」ウィザードの「基本」タブの「名前」と「説明」 を入力し、「次へ」を選択します。 5. 「スクリプト設定」タブの「スクリプトの場所」のフォルダアイコンを選択し、「PowereShellスクリプト」を登録します。 6. 「スクリプト設定」タブのその他のオプションを選択します。 7. 「スクリプト設定」タブの「次へ」を選択します。 8. 「PowerShell スクリプトの追加」ウィザードの「割り当て」が必要な場合、指定します。 9. 「PowerShell スクリプトの追加」ウィザードの「確認および作成」を確認し、作成を行います。 10. 展開した PowerShell スクリプト の 情報を確認し、展開ステータスを確認します。 […]