Intune による ビジネス向け Microsoft Store アプリの配信 -配信編-

前回の記事である 「Intune による ビジネス向け Microsoft Store アプリの配信 -準備編-」で、Microsoft Store アプリを配信することができるようになりました。
今回は、ストアアプリの配信を紹介します。

1. Microsoft Endpoint Manager admin center を開き、「アプリ」を選択します。

2 「アプリ」画面のプラットフォームから「Windows」を選択します

3 アプリケーションリストにから配信したい「ビジネス向けMicrosoft ストア アプリ」を選択します。
 ※ 例として「MPEG-2 ビデオ拡張機能 (オンライン) 」を選択します。

4 配信アプリケーションの「プロパティ」を選択します。

5 「割り当て」設定の「編集」を選択します。

6 「アプリケーションの編集」画面から割り当て方法の「必須」の「グループの追加」を選択します。

7 「グループの選択」から配信対象とするグループを選択します。

8 追加したグループが表示されることを確認し、「レビューと保存」を選択します。

9 設定内容を確認し、「保存」を選択します。

10 「割り当て済み」が「はい」となることを確認します。

11 割り当てたグループのデバイス上で、展開されたことを確認します。

以上が Microsoft Store アプリケーションの配信手順になります。

Follow me!

One thought on “Intune による ビジネス向け Microsoft Store アプリの配信 -配信編-

Leave a Reply