Twitter でお問い合わせいただくほうが最もレスポンスが早いです。
それが難しい方は、必要事項をご記入の上、内容に誤りがないか確認し「送信」を選択してください。